RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
求人票などに載っている「エクセルできる方」とは?
求人票などに載っている「エクセルできる方」とは・・・?
※企業によって違いますが一般的に、新規に表を作成でき、加減乗除(+−× ÷)、SUM・IF関数程度の計算式の入力、グラフの作成、印刷ができる程度を最低条件としているそうです。


これが本当なら、入門レベルの知識で、どうにかなるのではと思いますが、しかし、これで本当に「エクセルができる」といえるのかどうかは、微妙なところです。
普通のエクセルやワードのレッスンでは、どれくらいのレベルまで勉強すべきか、わかりにくいです。 ですから「何の」「どんな機能まで」知っていればよいのか、不安になると思います。

そこで、当教室でお勧めしているのが、「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)」のレッスンです。
この資格試験は「試験範囲」が限定されているので、そこに書かれている機能や使い方を、一通り勉強し覚えれば「エクセル、ワードができる」と社会に対してはっきりと言えると思います。


「就活に勝つ!」という目的をお持ちのかたであれば、是非、 「MOS」の資格を取得しましょう。
企業では「一般事務を確実にこなせる証拠」を見たいのです。「資格」はその証拠になりますし、自信が持てるようになるので、仮にエクセルやワードの話を面接官から振られても、余裕を持って回答できるはずです。
author:ハローいわき, category:-, 19:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:15
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://hpciwaki.jugem.jp/trackback/28